【その雑草対策はNG】庭に塩を撒いてはいけない4つの理由。

ぱっくるです。

理想的な庭づくりを邪魔してくる大敵…

そう、それは雑草!

ショッカーの如く我が庭に襲い掛かってきます。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

出たな!雑草!!

雑草
雑草

イー!

ぱっくるさん
ぱっくるさん

くらえ!必殺!!

塩-----!!

はい、

絶対にダメです!!

確かに塩で雑草は枯れてしまいますが、その他に与える影響が大きすぎるのです。

例えるなら…

よくある特撮モノで、

怪物は倒したけど街が全壊してる的な…。

(仮面ライダーからウルトラマンにネタがすり替わっているような…)

この記事では、

塩を撒くとどのような影響が出てしまうかを記載していきます。

くれぐれもお伝えいたしますが、

絶対に庭に塩を撒かないでください。

それでは行きましょう。

ジュワッ!!!

そもそも雑草は本当に枯れるの?

塩で雑草は枯れますか?
はい、枯れます!

せっかくなので実験してみましょう!

注意

地面に直接塩を撒かないで下さい。

今回は不要な容器に土を入れ、わざわざ雑草を植えてから実験を実施しています。

ただ今実験中。

結果出次第追記しておきます。

塩が与える悪影響

庭に塩を撒いた際の悪影響を解説していきます。

植物が育たなくなる

塩を撒くことで、長期間雑草が生えてこなくなります。

ここだけ聞くと、

ぱっくるさん
ぱっくるさん

早速庭に塩撒いてくるわ!

といった声も聞こえてきそうです。

しかし、

  • 今後庭で家庭菜園を始めたい
  • もう家庭菜園をやっている

このような際に、植物が育たない土地になってしまいます。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

家庭菜園やってないから関係ないや

このような方は、以下の項目も読んでみて下さい。

建物が腐食する原因となる

鉄が塩分よって錆びやすくなる。

この現象は良く知れ渡っている現象かと思います。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

海が近いと潮風で車が錆びやすいって言うもんねー

地面に塩分が浸透した際に、建物に影響が出る恐れがあります。

建物の基礎やブロック塀などは、その中に金属が含まれています。

世間一般的に言う鉄筋コンクリート。

この鉄筋コンクリートの金属が塩によって錆びてしまったら、

最悪の場合コンクリートの破壊に繋がってしまいます。

建物の基礎やブロック塀のコンクリートが破壊したら、

最悪の場合どうなるかわかりますよね…

撒いた塩は簡単には除去できない

基本的に土に撒いた塩はそのまま残留し続けます。

塩が残り続けるという事は、その土地では

  • 植物が育たない
  • 建物の塩害に悩まされる

これらの症状に長期間悩まされる事となります。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

じゃあどうやって塩を除去するの?

一度土に含まれてしまった塩は、簡単には除去されません。

土に含まれる塩は、長い期間を経て徐々に雨で流されていきます。

しかし雨で流れた場合、また異なった影響が出てしまいます。

周辺の土地にも影響が出る

自分の庭に撒いた塩が土に浸透して、

雨の影響で周辺の土地に拡散する恐れがあります。

隣で植えている農作物や建物に影響が出たら…

責任はとれないですよね。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

すみませんじゃ済みません…

自分の敷地内はもちろん、

周辺への影響も含めて絶対に塩は撒いてはいけません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

  • 植物が育たなくなる
  • 建物が腐食する原因となる
  • 撒いた塩は簡単には除去できない
  • 周辺の土地にも影響が出る

塩を撒くことでこれらの弊害が発生してしまいます。

簡単・低コストだからと言って、安直に塩を撒くといった行動はおすすめ出来ません。

雑草対策を安く済ませるために塩を撒いたつもりが、結局高つく事になってしまいます。

少々費用が掛かっても、用法容量を確認した上で除草剤を使用たりする方が良いでしょう。

ぱっくるさん
ぱっくるさん

また出たな!雑草!!

雑草
雑草

イーー!

ぱっくるさん
ぱっくるさん

くらえ!必殺!!

除・草・剤ーーー!!

雑草
雑草

イーーー!!

注意

除草剤は用法容量を確認し、正しくお使い下さい。

今日はここまで。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA